株式会社冨士ボーリング|水溶性天然ガス採取井、還元井の掘削・改修・廃孔|パイプライン防蝕井掘削|地質調査|水井戸掘削|温泉開発|地震観測井掘削|東京都江戸川区|

  • 地下資源は社会を支えるエネルギー
qrcode.png
http://www.fuji-boring.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社冨士ボーリング
〒132-0033
東京都江戸川区東小松川4-25-8
TEL.03-5678-6521
FAX.03-5678-6538
004894
 
 

ご挨拶

ご挨拶
 
当社は、昭和23年創業以来、地下資源、特に水溶性天然ガス開発を主業務として、今日まで歩んでまいりました。
その間、ガス開発事業以外にも水井戸・地質調査と事業範囲を広げ、お陰様をもちまして、本年創業69年、創立65年を迎えました。

我が国は、平成に入り平成5年に発生した北海道南西沖地震・津波災害を始め、平成7年の阪神淡路大震災、6年前の東日本大震災と、本年までに発生した大災害は10件を数え、その都度「命の水」の確保が困難な状況に直面し、各自治体では防災井戸の広範囲な設置が急がれてきました。
また一方、地震予知の為に、国が主導で地震観測網の整備も進められてまいりました。
当社も、多くの防災井戸設置工事、地震観測井設置工事に携わってきました。

今回の東日本大震災では、原子力発電所の事故が重なり、電力確保の新たな動きとして、太陽光、風力、地熱、バイオマス等の再生可能エネルギーが注目されています。
現状では、電力確保の為に、CO2排出の問題を抱えながら、火力発電への依存が進んでいます。資源の乏しい日本では、その燃料を輸入に頼らざるを得ません。

低炭素社会に向けて、また国産エネルギー開発の観点からも、CO2排出量が少ない天然ガス開発は、日本のエネルギー事情に明るい未来をもたらすものと考えます。
当社は、国産エネルギー開発の末端に位置するものでありますが、長年培った高度な掘削技術と豊富な経験を生かし、更なる社会貢献に努力してまいります。
 

トピックス

トピックス
  2017-08-01 労働安全標語
<<株式会社冨士ボーリング>> 〒132-0033 東京都江戸川区東小松川4-25-8 TEL:03-5678-6521 FAX:03-5678-6538